料金: From to

Compare Listings

みどり湯

東京都目黒区緑が丘2-7-14 みどり湯
¥470

説明

〝銭湯×ギャラリー×茶室〟古くて新しい銭湯の楽しみ方

渋谷から電車で10分ほどに位置する、東急東横線・自由が丘駅から徒歩7分。1957年創業、地元の人たちに愛されてきた銭湯です

清潔でシンプルな館内は、日常的に利用できる昔ながらのアットホームな雰囲気を残しつつ、女性オーナーの気配りがゆき届いた居心地のいい空間。肩の力をぬいて自然体のままリラックスできます

フロントで販売しているアメニティ類も、スタンダードなものから女性が喜ぶナチュラルなスキンケア用品まで、さりげなく幅広いニーズに対応していることろが魅力

広々とした主浴槽はL字型に配置され、ジェット座湯とバイブラつき。ほかに、ジェット噴射によるボディシャワーや、ぬるめの水風呂、サウナ(有料)など、カラダの疲れを癒す設備がしっかりと揃っています

ランナー向けの荷物預かりシステムや脱衣所には大きめのロッカーもあり。駒沢オリンピック公園や等々力渓谷公園、多摩川が近くにあるため、ランニングやウォーキングを趣味とする人にも重宝されています

また、みどり湯では定期的に〝三助(さんすけ)〟体験ができるイベントを実施中。三助とは、江戸時代に発祥した職業で、入浴客の背中を洗い流してマッサージをしてくれる職人のこと。かつては多くの銭湯に三助がいましたが、現在は消滅してしまった銭湯文化です

指圧マッサージ師の資格をもつプロに依頼し、2018年から〝現代版・三助(sansuke)サービス〟を復活させました。男湯は男性の専属三助が、女湯は女性の専属三助が施術をしてくれます

絶妙な力加減での背中洗い5分、指圧師の技が光るマッサージを5分。最後に三助マッサージ独特の背中をパンパンと絶妙な力加減で叩いてもらい、10分の施術終了。スッキリとした爽快感とともに、気合や活力がみなぎります!貴重な三助(sansuke)体験の詳細やスケジュールは公式ホームページをCHECK!

ほかにも〝心とからだがリラックスできる空間〟をコンセプトに、銭湯の隣にギャラリーがあるのも独自スタイル。ギャラリーの2階には茶室もあります

銭湯に来た人がギャラリーに寄ってアートに触れ、ギャラリーに来た人が昔ながらの銭湯を楽しめる、何気ない日常にプラスαするための新たな交流の場として機能しています

茶室では、初めて茶道を体験する人が参加しやすい、日本一敷居の低い〝茶道体験講座〟を開催。一般的な茶道教室とは違い、流派や経験の有無にはこだわらず、自由な雰囲気の中で誰もが美味しいお茶とお菓子を楽しめます

日本の伝統文化を受け継ぎながら、ローカルカラーとオリジナティが交差する、新たなカルチャー発信地として注目のスポットです

 

[設備]
主浴槽(ジェット座湯、バイブラ湯)、水風呂、ボディジェットシャワー、遠赤外線サウナ(別途有料)
◎ドライヤー(20円)完備
マッサージチェアー
休憩スペース
キッズコーナー
■併設
コインランドリー
gallery yururi
茶室
駐車場:なし
[入浴料]
大人  470円
中学生 300円
小学生 180円
幼児    80円
※大人1名につき幼児1名無料
サウナ +200円
※入浴料とサウナのみpay pay対応
手ぶらセット 160円
(フェイスタオル、シャンプー、ボディソープのセット)
■レンタル
フェイスタオル  50円
バスタオル   100円
■販売
シャンプー、リンス 各40円
その他アメニティ類の販売あり
■三助サービス
背中洗いと指圧マッサージ
10分 500円(フェイスタオルつき)
[住所]
東京都目黒区緑が丘2-7-14
[営業]
14:15~24:00(24:00完全閉店のため5分前には帰り支度を済ませてください)
コインランドリー
7:30~20:00
[定休]
木曜日
[電話]
03-3717-4516
みどりゆ
http://midoriyururi.com/
みどり湯 Twitter
gallery yururi & 茶室
  • 住所: 目黒区緑が丘2-7-14
  • 都市: 東京都
  • エリア(地域) 関東
  • 郵便番号 152-0034
  • 国: Japan

詳細

Updated on 9月 30, 2019 at 11:36 am

  • 料金: ¥470
  • 目的別: 銭湯
  • タトゥーの条件: 規制なし

レビューはありません ( 0 out of 5 )

レビューを書く

Login for Review