Compare Listings

Tattoo-Friendlyとは?

近年、日本へのインバウンドの増加にともない「タトゥーがあっても入れる温泉を知っていますか?」という質問が増えています。目的地の温泉に入ることができるか分からないのは、多くの旅行者にとっておおきな不安要因となっています。当サイトは、これらの質問に答えるために開設されました。

 

掲載されている情報は、日本全国の各施設に「タトゥーをした人も利用できますか?」と電話で確認したものです。

 

【主なお断りの理由】

  • 運営会社の判断でお断りをしている
  • 組合で申し合わせをした結果
  • 所轄の警察からの指導
  • 町営温泉にて年配の地域住民からクレームを受け町議会で決定

 

タトゥーをしている人への理解や、海外からの観光客の増加にともない、最近ではタトゥーのある利用客を受け入れはじめています。

 

【主な受け入れの理由】

  • 昔と違ってファッションでタトゥーをしている人が増えたため
  • 外国人観光客の増加
  • 行政からの指導により規制を緩やかにした
  • 試験的に条件付き(シール対応)で規制を緩和
  • 暴力団排除条例の施行により新しい看板を作り直した際、時代に合わせて刺青・タトゥーの規制は廃止した

公共の場所ではマナーが大切です

「タトゥーをした人も利用できますか?」という質問に対して、いままでそういった問い合わせを受けたことがないと答える施設も多くあり、マナーを守って利用してもらえれば、利用客を制限する必要はないというご意見もいただきました。

ただし、タトゥーの露出を禁止している場所に入ってしまった場合は注意を受けるかもしれませんが、それとは別に、入場制限をしていない場所でもタトゥーを見かけた人がクレームを訴える事例も少なからずあるそうです。

そういう場合、どんな人がタトゥーに対してクレームを申し出るのかと質問したところ、圧倒的に年配の方が多いそうです。
その理由として、都市部にはタトゥーをしている人はいるが、山村などではタトゥーを見かける機会がほとんどないため、見慣れていないので驚かれるからだそうです。

日本ではタトゥーに否定的な考えをもつ人も多いなか、各施設はタトゥーへの対応を寛容に検討している最中です。
したがって、公共のルールを守れないマナーの悪い人がトラブルを引き起こすと、これまでタトゥーに対して規制をしてこなかった施設も、規制を検討するようになります。

上記の情報に基づいて、まずは小さなタトゥーでさえ驚かれる可能性があることをご理解ください。それを念頭に、当サイトの情報を活用いただけますようお願い申し上げます。

有名温泉から穴場まで

タトゥーフレンドリーを便利に活用

あなたのボディアートを受け入れてくれる快適な環境を発見しましょう

タトゥーフレンドリーでは、タトゥーのある人でも利用できる場所を6つのアイコンで「目的別」に分類しています。なかでも一番多く掲載されているのは入浴施設ですが、入浴施設にもさまざまなタイプがあります。自分にあった入浴環境を見つけて、快適で楽しい時間をお過ごしください。

ホテル&旅館

宿泊施設内にある温泉です。内湯、露天風呂、貸切風呂、露天風呂つき客室など、さまざまなタイプの湯船があり、旅の目的やメンバーに合わせて好みの入浴方法を選ぶことが可能です。ただし、一部の施設では内湯や露天風呂などのバプリックなスペースでの入浴を制限しており、貸切風呂のみの利用しかできないところもありますのでご注意ください。時間帯によっては、日帰り入浴客を受付けしているところもあります。

 

日帰り温泉

入浴を目的とした施設で、宿泊設備はありません。小規模な湯船だけの施設から、バリエーションに富んだ複数の湯船にレストランや休憩スペースを設けた大規模なものまで、さまざまなタイプがあります。各地域に湧き出る温泉を使用していますが、温泉の湧出しない地域や一部の湯船では人口温泉を導入しているところもあり。リラクゼーションや娯楽を目的としたサービスのほか、温泉を利用した健康づくりまで、多種多様な需要に応えています。

 

温泉とは

地中から湧き出すお湯に指定成分が一定の値以上含まれていると日本の温泉法により「温泉」と認定されます。温泉には含まれる成分により、さまざまな色、匂い、効能があり、成分によっては肌や体質に合うか合わないなどの個人差があります。また泉質によって異なる入浴方法があるので、いろいろな温泉にチャレンジしてみるのも楽しみのひとつです。飲泉といって、飲むことができる温泉もあります。

露天風呂

野外や屋外に設置された屋根や囲いを設けていない温泉で、四季折々に変化する自然の息吹をもっともダイレクトに味わえるのが醍醐味です。美しい風景と開放感、静寂な雰囲気が心と身体を癒してくれます。温泉施設以外にも「野湯」や「野露天」といった、山や川沿い、海の近くに自噴するワイルドな露天風呂もあります。

 

プライベート・バス

関東では「貸し切り風呂」という表現がポピュラーですが、西日本では「家族風呂」とも呼ばれています。料金は時間制で、個室の内湯や露天風呂を1人からグループ単位で貸切で利用できます。男女に分かれずに家族やカップルで一緒に入れることや、小さな子連れでもゆっくりできるというメリットがあります。また、他者の目を気にする必要がないプライベートな空間でより深くリラックスができます。

 

銭湯

入浴を目的にした公衆浴場です。銭湯は公衆浴場の営業許可を得ており、各都道府県によって定められた統一の金額で誰もが利用できます。一般家庭のお風呂と同じく基本的には水道水や井戸水を沸かしたお湯ですが、一部の銭湯では天然温泉を導入していたり、薬草湯やジェット風呂、サウナもあります。また、独自に発展した壁画アートにはレトロな趣があり、それぞれの銭湯に個性を生み出しました。家庭にお風呂がなかった時代は、地域の人たちのコミュニケーションの場としても機能していましたが、近年は家風呂の普及で減少傾向にあります。