料金: From to

Compare Listings

日本のタトゥーに対する環境をよりご理解いただくために、以下の質問をクリックして回答をお読みください。

タトゥーに関する質問

タトゥーをした人に施設が厳しいのはなぜですか?

日本では暴力団のイメージが強いので「怖い」と思う人が多くいます。何かトラブルに巻き込まれるかもしれないという不安な感情がわくので、タトゥーに不快感を抱く人もいます。また、タトゥーを入れている人を見下す傾向があるので、厳しい対応をして当然という考えもあります。近年は少しずつタトゥーに対する考え方も変わりつつあり、小さなタトゥーやタトゥーのある訪日外国人には理解を示すよう努めています。しかしながら、日本人のタトゥーに対するイメージを変えるには、まだまだ長い時間が必要です。

タトゥーを入れることで日本での生活には制限があることから、親は自分の子供にタトゥーに興味をもって欲しくないと思っています。世間体を大切にするので、タトゥーが原因で結婚を反対されたり、離婚を言い渡されたり、昇進が妨げられたり、子供が学校でいじめにあう可能性があります。そのため、子供がタトゥーに興味をもたないよう、子供のいる場所ではタトゥーを隠して欲しいと願っています。

タトゥーのある方をお断りしている理由については〝About Tattoo Friendly〟をご覧になるか、日本刺青の過去から現代にいたるまでの経緯は〝日本のタトゥー史〟をお読み下さい。

日本にはタトゥーを規制する法律があるのですか?

各都道府県には「青少年保護育成条例」や「青少年健全育成条例」などの名称で、地方自治体が公布する18歳未満の未婚者を対象とした条例があり、このなかで未成年者へのタトゥーを禁止しているところがあります。

また、2015年に大阪を中心に、医師免許をもたないことを理由に複数の彫師が逮捕されるという事件が発生しましたが、これには医師免許ではなく、タトゥーに特化した法律を新たに作るべきだという要望や意見が多く寄せられており、今後の動向に注目が集まっています。

施設に関する質問

タトゥーの見える服装をして注意を受けることはありますか?

日本の一般的な考え方では、刺青は人前では隠すものだと思われています。それゆえ、タトゥーが露出した格好をしていると、タトゥーを隠す服装を求められる場合があります。

判断は店や施設によってまちまちで周囲の状況次第ではありますが、タトゥーを隠す人が礼儀正しい人だという考え方の人もいます。特に暑い夏にはタトゥーが見えやすいので、場合に応じた方法・態度・服装の使い分けが必要です。

「タトゥーお断り」の施設に入ることはできますか?

入場後にタトゥーが見つかった場合は、速やかに退場を求められます。また、入場料の返金はされません。日本語を読めない訪日旅行者も同様ですのでご注意ください。できるかぎりタトゥーを受け入れてくれる施設を利用することをおすすめいたします。

温泉宿などの場合は、ファミリー層の利用が多い大型連休や繁忙期などはタトゥーのある方を断りますが、平日など比較的人の少ない時期は寛容に対応してくれます。宿泊予約前にタトゥーがあることを申告しておくと、入浴の時間帯などの相談にものってくれるところも多いので、タトゥーのあることを事前に知らせておくとトラブルを回避しやすくなります。

加え、サービスを受けるのは客側の当然の権利だという傲慢な態度ではなく、利用後には感謝の気持ちを伝えるなどマナー良く利用することで、どこへ行ってもあなたの旅は最高のものになります。

タトゥー以外に気をつけるべきことはありますか?

地域によって独自のローカルルールがあったり、飲食の持ち込みや喫煙・禁煙など、施設ごとに異なるルールを設けています。訪問前にある程度のことを調べておくと、より快適に過ごせます。

また、プールは入浴施設よりも各施設ごとのルールが細かく規定されていますので、ホームページに掲載されている注意事項をよく読んでご利用ください。